NEWS 最新情報

長期優良住宅の税制のメリット

2021.09.13
新築

長期優良住宅とは・・・

暮らしの豊かさを損ない、
地球環境へ悪影響を与える
住宅のスクラップ&ビルドをやめ、

いい住宅を建てて、
きちんと手入れをして、
長く住む(。-`ω-)

 
 
 
 
長期優良住宅にするには・・・

国が定めた長期優良住宅認定制度の
基準をクリアした住宅のことです。
基準には耐震性や劣化対策
維持管理や更新のしやすさ
省エネルギー性などの項目があります。
所轄行政庁に申請して認定を受けると
「認定長期優良住宅」となり
減税や住宅ローン金利の引き下げ
などの優遇を受けることができます。
 
 
 
  
ちょっと詳しく言うと・・・

長期優良住宅で住宅ローン控除の
控除額が10年間で最大500万円に(´-`*)
 
住宅ローンを借りて家を建てたり
買ったりした場合に
年末ローン残高の1%が10年間
所得税と住民税から控除されます。
住宅ローン控除(住宅ローン減税)
 
 
10年間の最大控除額は・・・

一般住宅だと400万円
長期優良住宅は500万円。
 
ただし、住宅ローン控除は、
実際の納税額が控除額の上限。
長期優良住宅を建てた人すべてが、
10年間で500万円の控除を
受けられるわけではないのです(。-`ω-)
 
4000万円を超える住宅ローンを借り
40万円を超える所得税・住民税を
納めている場合に長期優良住宅を
建てたほうが節税効果は
大きくなる可能性があります(´-`*)
 
 
 
 
 

そのほか、登録免許税や不動産取得税、
固定資産税にもメリットがあります(*´з`)
 
  
 
 
一般住宅と長期優良住宅の税の特例措置

◇所得税(住宅ローン控除)
 長期優良住宅は限度額が
 引き上げられる

 
◆一般住宅の場合

 控除対象になる限度額
 ・・・4000万円

 10年間で控除される所得税と
 住民税の合計最大額
 ・・・400万円
 
 
◆長期優良住宅の場合

 控除対象になる限度額
 ・・・5000万円

 10年間で控除される所得税と
 住民税の合計最大額
 ・・・500万円

※2021年現在の情報
 
 
 
 
 
所得税(投資型減税)
長期優良住宅が利用できる

◎特例措置の内容
 長期優良住宅の認定を受けるための
 標準的な性能強化費用相当額
 (上限650万円)の10%を
 その年の所得税から控除されます。

※2022年12月31日までに入居した場合。
 住宅ローン控除との併用はできない

◎登録免許税
 長期優良住宅は税率が
 さらに引き下げられる
 
 
 
 
 
その他に・・・
 
 
長期優良住宅は【フラット50】
が利用可能になります。
これは、返済期間最長50年で
将来、住宅を売却することになった場合
購入者に住宅ローンを
引き継ぐことができるものになります(;´・ω・)
 
 
高い耐震性をクリアしているため
地震保険料では耐震等級に応じた
割引率が適用になるメリットもあります。
 
 
 
 
関連記事のリンクはコチラです( *´艸`)

■ 長期優良住宅をザックリ説明
■ 長期優良住宅の税制のメリット
■ 準耐火・省令準耐火