NEWS 最新情報

今日は七夕で工程会議でした。

2021.07.07
新築

ま。タイトルには七夕と言うフレーズは入れましたが

大工さん達を事務所に呼んで
一緒に「かつや」でテイクアウトしたお弁当を
食べながらの工程会議を開催してました(笑)

その中の議題にコロナの中
集成材や大きな材木が手に入らない状況で
いかに杢承の特性を生かし
仕事をこなしていけるか・・・
と言うところを前提において。

今ご相談頂いているカーポートを
トラス構造を用いて国産材を用いて
手刻みしていこうと検討していました。

これからオーナー様に見積を見て頂いて
工事をするしないの返答があってからになりますが
大工の技術で木製の可能性を
どこまで広げていけるのか・・・

手刻みが出来る場所や道具があり
それを実現できる職人が居る事を
最大限に生かせるという事。

コロナの逆境に向かっていく術を
考え実行しながら前に向いていこう!
と言う話で、全体の流れを皆で確認し
今月の工程会議は終わりましたが。
次回の工程会議では、
もっと詳しい話が出来ると思うので。
今できることを少しづつですが
進めていこうと思います(´-`*)



トラス構造とは・・・

主に大スパン構造(体育館やドーム、橋)などに
利用される構造形式の1つです。

トラス構造のメリットは・・・

・部材間には軸力しか作用しません
・細い部材で構造物を構成することが可能
・大規模空間の屋根構造等にも適した構造形式
・軽快で細い部材で建築物を造ることができるので
 意匠的にカッコよくなります。

トラス構造のデメリット

・施工が面倒。手間が掛かる
・全体に部材に作用する応力は小さいのですが
 その分、トラスで組んでいくと
 トラス部分の高さが大きくなってしまいます。
 一般的な構造物では、階高に制約があるため
 トラス構造は採用できないのです。